建築の新しいムーブメントを捉えた、フォト&デジタルアートの3シリーズ、「アーキグラフィア」TWA」「GUG+0」。ニューヨーク、バルセロナ、ブエノスアイレス、モンテビデオで撮影
 
GUG +0」はニューヨークのグッゲンハイム ミュージアムの6つのイメージで
構成している。このシリーズは、1996年に撮った、アナログフィルムの3作と、
後、光とシェープをデジタル処理した3作品を加えて、完成した。この
アナログ・デジタルハイブリッドの構成が、このシリーズのタイトルになって
いる。
このミュージアムは、建築のいわゆるモダンムーブメントのマスターピースの
ひとつで、何よりも、流れるようなシェープと、光の洗練された使い方で、他の
建築と一線を画している。ディストルション(ねじれの表現)は、僕自身のこの
ミュージアムの中での経験を表現することを可能にすると同時に、見る人
それぞれに、自由な連想をさせることに成功していると考える。
 
 
パラシオ ラピドの三部作は、「アーキグラフィア」 ―1930年から1955年の間
に建てられた、モンテヴィデオのモダン建築を代表する建物の写真連作― の
一部である。これは、パラシオ ラピドという、エクスプレッショニズム
(表現主義)に代表される前衛建築の影響を多大に受けた建物を撮っている。
デジタルリタッチを施し、三部作に落としアレンジしなおした形になっている。
尚、この「三部作」という形態は、ほとんどの建築に使われている3つのパーツ
からなる構造(土台・中心部・天井部)をアイロニックに表現している。

CONTACT


All photographs copyright by Daniel Machado 2002